借入件数が多いほど
借入額が多いほど
審査に通りやすくなります!

小口より大口融資の方が喜ばれます!

もし、アナタが4件以上の会社からお金を借りているなら、もうこれ以上は借りられない可能性大です。

実際、融資を断られている人も多いのではないでしょうか?

たとえば、プロミス、アコム、アイフル、フクホーで合計100万円以上の借入れがあるなら、よほど年収が高いサラリーマンや公務員じゃないと、追加の融資はしてもらえないです。

まず、通常の消費者金融やカードローン会社は借入件数4件以上の人には基本的に融資しません。

借入件数4件以上という時点で借りすぎなんです。。

また、2010年6月に導入された「総量規制」に引っかかっている可能性も大です。

総量規制とは融資額は年収の3分の1までというルールです。

つまり、年収300万円の人なら100万円まで、年収400万円の人なら133万円まで、年収500万円の人なら166万円まで、年収600万円の人なら200万円までが融資の限度額ということです。

ただし、総量規制には「除外」と「例外」があります。

そして、「例外」の中に「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があるのですが、これが「複数ローンをまとめる」ことに当たるのです。※参考

俗にいう「ローンの借換え」「おまとめローン」というものですね。

借入件数4件以上あるアナタが、さらなる融資を求めるなら、複数ローンをまとめるしかありません。

ただし、「東京スター銀行のおまとめローン」のような、銀行のおまとめローンはよほど年収が高い人じゃないと審査に通りません。

もし、アナタが年収が400万円以下ほどで、審査になるべく落ちたくないなら、アナタが複数ローンをまとめるのは「中央リテール」です。

借入件数4件以上の人が複数ローンをまとめるなら中央リテールなワケ

借入件数4件以上あるような人は誰もが知っている大手金融機関では借りることができないと思った方がいいです。

このまま申込み続けても、審査に落ちる度に信用情報は汚れるだけです。

ですから、大手金融機関では借りられないような人を相手にした会社で複数ローンをまとめる方が利口です。

知名度が低いだけで、「お金を融資する」という行為に関しては同じです。金利もほとんど変わりません。

先ほど紹介した「中央リテール」は複数ローンを計画的になくしていきたい人のための商品を提供している会社です。

他社で融資を断られた人でも、おまとめローンなら融資をしてもらえる可能性は十分にあります。

ただし、次の3つのことを気を付けて下さい。

  1. 年収や借入件数、借入額など絶対にウソを付いて申告しない。(信用情報を見ればウソだと分かってしまうので)

  2. 申込み後の電話には必ず出る。(電話がつながらない人には融資なんてできないから)

  3. 融資額は500万円までだが、まとめる金額が大きいほど審査に通りやすい。(大口顧客はローン会社にとって優良顧客です)

3番目は盲点かもしれません。借りる金額が少ないほど審査に通りやすいと思っている人が多いですが、おまとめローンに関しては違います。

総量規制の対象外である「おまとめローン」の場合、限度額500万円までで、できるだけたくさんの金額を融資したいというのがローン会社の意図なのです。

つまり、たくさん借りてくれるお客さんほど優良顧客ということです。

借入件数4件以上でたくさん金額を他社から借りている人ほど、「中央リテール」では喜ばれるということです!

おすすめサイト